世界は気候変動の影響を大きく受けており、これらの変化により、すべての微調整にもカウントが伴います. ジェット燃料の問題を整理するために試行が行われていますが、新しい研究によると、別の飛行機の旅行が後押しされる可能性があります。気候の影響は簡単にカットできます。その場所がわずか 200 フィート (610 メートル) 低く飛ぶ場合。飛行機が 2000 フィート (610) 低く飛ぶと、飛行機雲が 59% 遅れました。

より良いものにするための最良の方法は、フライトの 2% だけを調整することです。2% のフライトは長引くだけで、飛行機雲が形成される地球の温暖化に寄与します。

飛行機雲の形成は、飛行機の排気ガスが飛行機の外の大気中の冷たくて低圧の空気と出会うときに起こります。飛行機雲からできた空の白い筋。これらは、煙の中に存在するブラック カーボンに水分が凝縮されたときに形成されます。

空からすぐに消えてしまう飛行機雲がいくつかあります。しかし、最大18時間も空にとどまる飛行機雲がいくつかあるとは信じられないでしょう. これらの長時間の飛行機雲は空にとどまり、他の飛行機雲と混ざり合って、飛行機雲巻雲を形成します。放射能によって、地球の温度は不均衡になります。放射強制力の形成は、飛行機雲が地球に入射する短波放射を反射するときに発生します。また、長波赤外線放射を閉じ込めることにより、温暖化効果も引き起こします。

行われた調査によると、フライトの高度をわずかに変更することで、気候への影響を軽減するのに役立つことがわかりました。英国のインペリアル・カレッジ・ロンドン出身の土木技術者マーク・セトラー氏が語っています。発見された研究は、気候の全体的な影響を軽減するのに役立つため、非常に役立ちます.

飛行機雲の気候への影響では、飛行高度のわずかな割合の変化が原因です。

いくつかの研究が行われており、飛行機雲と放射強制力が気候を加熱するために使用されていることがわかっています。航空機の燃料からは CO2 が排出され、大気に影響を与える可能性があります。

研究者たちは、実際の飛行方法よりも 2,000 フィート高く、または 2,000 フィート低く飛行する飛行機のモデルを実行して、約 1 か月半にわたって日本の空域からデータを観察していました。フライトの 1.7% が低空飛行しているという情報が表示され、59% の強制的な飛行機雲大気の削減が達成される可能性があります。

よりクリーンなフライモーター燃料の広範なリーチ選択を高度の変更に含めることになると、科学者の状態と環境スイッチへの飛行機雲の取り組みは最大90%低下する可能性があります.

「飛行機雲モデルは、さまざまな節度調整の妥当性を承認する上で非常に重要です。たとえば、選択的エネルギーの利用、新しいモーターの革新、飛行への専念方法論などです」と専門家は論文に書いています。